サプリメントの考え方

テレビや雑誌、またはインターネット通販などでは、

サプリメントのオンパレードです。

このサプリメントには、健康のためのものと

美容のためのものとがあります。

そして、関節痛に対してもよく効くというサプリメントが

沢山販売されています。

おそらくお医者さんに聞いたら、

「そんなもので治るのだったら、病院で処方する」と

言われる事でしょう。

確かに怪しげなサプリメントも多いのも事実です。

そもそも治るなどとうたっているものは

全てインチキと言って過言ではありません。

あくまでサプリメントとは補助的なものにすぎません。

つまり足りない分をわずかながら外から補うという事ですから、

はっきりと体感できるほど効くというのは、

ゼロとは言いませんが、なかなかある話ではありません。

しかし、飲み続けることで効果が出るものも、当然ありますので、

サプリメントをとる方は、そういう部分も納得したうえで、

飲むようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、koriyamaが2012年7月 2日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「適度な運動」です。

次のブログ記事は「西洋医学の限界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。