人工関節置換手術の良し悪し

関節痛の痛みが続いていくのは、本当につらいものです。

手術することで、その痛みから解放されるのは、

本当に日常が楽しくなる事でしょう。

しかし、考えなければいけないのは、

この人工関節には、寿命があるという事です。

現在の人工関節の寿命はだいたい15年から20年だそう。

あまり若いうちに手術を受けると、

再手術の可能性があるという事です。

以前はそれが理由で、手術は高齢者が多かったのです。

しかし、早いうちに手術をすることで、

痛みと共に生きる生活から早いうちに開放するということは、

楽しく生活する上では非常に大切なことなので、

最近は若い方でも行う事が多いそうです。

この辺は本人の考え方にもよりますので、

手術を考えている方は良く考える必要があるのです。

このブログ記事について

このページは、koriyamaが2012年7月 1日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人工関節」です。

次のブログ記事は「スポーツによる関節痛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。