変形性膝関節症 温熱

変形性膝関節症の痛みを抑える方法として、

理学療法として温熱療法があります。

整形外科などのリハビリを行う場所には、

必ずと言っていいほど置いてあるアレです。

これが効くか効かないかは個人差もありますし、

症状の状態によりますから、何とも言えませんが、

関節痛に効果があることも多いのです。

これにより、血行が促進されてきます。

つまり、消炎鎮痛薬とは真逆の効果と言えます。

長い目で見れば温熱療法の方がいいとも言えますが、

今痛い場合は、薬に頼るしかありません。

後は太ももの筋肉を鍛える方法も非常に有効です。

痛いからと言って何もせず、動かないのは逆効果で、

腫れなどが無い場合は、筋肉を鍛える運動は非常に有効なのです。

このブログ記事について

このページは、koriyamaが2012年7月 1日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「変形性膝関節症の注射」です。

次のブログ記事は「関節痛にも色々ある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。