痛風

関節痛と聞いて、その症状に思い当たる病気の一つに

痛風があります。

これは、血中の尿酸値が高い状態で足の指や足首、膝、

特に親指の付け根の関節痛が多く起こる病気です。

初めて発症する人の多くがこの場所なんだそう。

発症する人のほとんどが男性で、約90%と言われています。

また発症する年齢は40代が多いようですが、

近頃は30代の発症も増えているようですから、

今まで以上に若いうちから、健康診断や人間ドックなどで、

血液検査をして、尿酸値の異常に早く気付き

対処することが必要になってきました。
 

このブログ記事について

このページは、koriyamaが2012年6月30日 05:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関節リウマチと診断されてしまったら」です。

次のブログ記事は「痛風の原因は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。